【出産予定者・0歳児親必見】育休を取るならボーナス月が絶対におすすめなのです!

子育て・育休

どうもどうも ねこうま(@coticoti33)です。

 

 

前々から

 

男性育休いいよ!

お金の面はまあ収入多少減るけど色々手当も免除もあるしそんなに心配いらないよ!

 

ってブログやTwitterで啓蒙活動を続けているのですが

 

 

どうも反応が鈍い

 

 

父親こそ育児休暇を取得しろ〜育休をとって1ヶ月で僕が思うこと
子供が小さい時にこそ父親はそばにいてあげるべきである。そのために育児休暇という手段は最適。 男性が育児休暇を取得しない理由はありません。

 

 

 

ので、夫の前年度の給料を晒しつつ

改めて育休取得(特にボーナス月)はお得だという話をしていきます。

 

 

父ちゃん
父ちゃん

えっ!?

晒されるの???えっ!?

母ちゃん
母ちゃん

世のため 人のためです

 

 

 

用意はいいかな?

 

 

 

 

この記事はこんな人に超絶おすすめ

  • 出産予定の方
  • 0歳児のお子さんを持つお父さんお母さん
  • 育休取りたいけど会社休みづらいよ〜という人
  • 育休って数週間とか数ヶ月取らなきゃいけないんでしょ?と思っている人
  •  育休ってお給料もらえないんでしょ?お金が心配だよという人

 

 

いや、本当に給料晒してご紹介するので心して見てください。

 

 

まずは育休の制度やお金周りについて勉強しよう

兎にも角にも勉強が必要です。

 

だいたい大事な情報は下記にサクッとまとめてあるので読んでみてください。

【損してない!?】育休中のお金をさらにお得にもらえるコツ
こんにちは 育休中で気が緩んだのか風邪気味のコチコチ(@Coticoti)です。 前回は社内での立ち回りをメインに育休取得のコツをお話ししました。 在職中の勤務態度がよかったからか、思いの外温かく見...

 

 

で、上の記事も読むのがめんどくさいよ〜というズボラさんに向けて今から箇条書きで超簡単に育休について説明します

 

 

  • 育休は奥さんが専業主婦でも取得可能です
  • もちろん共働きでも両方取得できます
  • 育休取得は1日から可能です
  • 育休中基本的に給料は出ませんが代わりに手当が出ます
  • 手当はだいたい給料日割りの2/3(6ヶ月経過すると半分)が出ます
  • それじゃあ足りないじゃん!という方、ご安心ください
  • 頭を使って育休を取得すれば社会保険料が免除になります
  • これが馬鹿にできない金額です

 

早速手元に給与明細を用意しよう!

というわけで早速給与明細を見ていきましょう。

 

 

サラリーマンの場合特に給与から税金が天引きされているのでまじまじとみることが少ないのですが、

 

結構毎月えげつない額の税金を払っています。

 

 

 

気にかけたいのが健康保険料・厚生年金保険料のところ。

 

 

これがなんと…

 

月末(月末最終営業日)に休みを取るだけで、免除になるのです。

 

 

嘘みたいな話ですよね。

 

シミュレーションをしてみる:年収550万円の夫の月給

では早速夫こちこちの給与明細を見ていきましょう。

 

 

 

 

<ある月の給与明細>

健康保険料:13,770円

厚生年金保険料:31,110円

合計:44,880円 も支払い免除に!!!

 

つまり、単純に手取りがUPします。

 

 

母ちゃん
母ちゃん

ぬわあんと!

月末にちょろっと休むだけで?

父ちゃん
父ちゃん

普通の有給と変わらないレベルだね

 

 

シミュレーションをしてみる:ボーナス月はもっとすごい!

では続いて賞与に参ります。

 

 

<ある年の賞与明細>

健康保険料:27,094円

厚生年金保険料:61,213円

合計:88,307円 も支払い免除に!!!

 

 

ボーナスって基本的に給料よりも高い金額がもらえるので、免除される額がさらにUP!

ブースト状態です。無双モードです。(興奮しすぎ)

 

 

つまり

 

ボーナス月の月末に育休をとった場合ととらなかった場合の手取り収入を比較すると・・・

 

手取り月給 手取り賞与 手取り合計
とらなかった場合 ¥284,674 ¥543,332 ¥828,006
とった場合 ¥329,554 ¥631,639 ¥961,193

 

 

たった数日月末に休むか休まないかで

その差なんと

 

¥133,187

 

 

 

父ちゃん
父ちゃん

えっ!

下手したら一月分のお給料ぐらいあるじゃん

 

 

2019年6月はめちゃくちゃ育休が取りやすい!お得だよ

下記は2019年6月のカレンダーですが

 

ご覧ください!

月末最終営業日が土日に繋がっている!

 

 

 

月〜金で働くサラリーマンを想定して考えた場合、

 

たとえ6/28〜6/30で育休を取得したとしても、実質休むのは平日の6/28だけでOK!

 

※社会保険料免除は育休期間に月末が含まれていることが条件
※会社によって休日の取り扱いが違う場合があるので詳しくは会社の人事に相談

 

 

父ちゃん
父ちゃん

これなら普通の有給取得と

負担はそんなに変わらないね!

 

 

同様に12月の場合も年末年始休暇に入る前日から育休を取得することで、12月ボーナスの社会保険料支払い免除が受けやすいです。

 

 

こんなにお得な制度、使わない理由ありますか?会社が怖いですか?

会社を休めて

子供やパートナーもハッピーに過ごせて

なにより給料や賞与の社会保険料支払いが免除になって

 

お財布はホクホクですよ

 

 

 

これを、この制度を知ってもなお使わない理由がありますか?

 

 

人事に聞くのが面倒くさいとか否定されそうで怖いとか・・・

そんな理由でみすみす数万円から10数万をドブに捨ててしまうのですか?

 

 

母ちゃん
母ちゃん

もったいなさすぎるよ!

 

 

日本人はみんなが働いているときに休むことに罪悪感を抱きがちです。

 

でも子どもが生まれるって人生でそうそうないことですよ?

風邪で1日休むのとは訳が違う。

だけど休む期間は一緒。

 

 

これ子どもがくれたプレゼントと言っても過言ではないと私は思います。

 

 

 

ただでさえ節税対策のしにくいサラリーマン。

子どもが生まれた時ぐらいこの大盤振る舞いの制度使いましょうよ。

 

 

誰に遠慮してるんですか?

前もって育休を取得すると決めて仕事調整つけて休むわけだから、風邪で急に休むのとは訳が違うじゃないですか!

 

 

誰にも遠慮はいらない!

 

 

 

パートナーと子どもの笑顔を守れるのはあなただけです!

 

いますぐ人事に相談に行きましょう!

 

 

 




子連れ旅行必携!無料で飛行機に乗れる!?
マイルがザクザクたまる年会費初年度無料のおすすめクレジットカード 👉JALカード

詳細はこちらの記事から確認
 

コメント