【保育園ブルー】子離れの第一歩!初入園を前にした母親のリアルな気持ち

ねこうまの小言

どうもどうも ねこうま(@coticoti33)です。

 

いよいよ娘の保育園入所が目前に…

娘には「もうすぐ保育園に行くんだよ」と何度か伝えていますが、1歳4ヶ月なのでまだ理解はしていない様子。

 

 

新しい食事エプロン・靴などを買い揃え一つ一つに名前を書いている間に、母親であるわたしの方も実感が湧いてきてなんだか悲しくなってきました。

 

 

あんなに入りたかったはずの保育園が…

生まれてから毎日一緒に過ごしてきた娘。

 

 

自分が抱っこしていなくてもきちんとお昼寝できるだろうか…

友達や先生とうまくやっていけるだろうか…

 

 

不安は募るばかりです。

 

 

あんなに保育園に入りたかったはずなのに…

 

保育園落ちたけど逆になんだかスッキリしている共働き夫婦の小言
どうもどうも 27歳一児の子持ちねこうま(@coticoti33)です。 突然ですが、 母ちゃん #保育園落ちた #日本●ね はあスッキリした。 ...

 

突然の成長〜子離れは入園の前から始まっていた

そんな気持ちでモヤモヤしていた夜にこんなことがありました。

 

 

生まれてからこれまで娘は毎日授乳してから眠るのが定番でした。

離乳食はモリモリ食べるけど、おっぱいはまた別。一種の精神安定剤です。

 

 

特に歯が生えてきてからは身体の負担が大きく、早く乳離れしないかと願ったこともありました。

このままこの子は大人になるまで寝る前におっぱいを飲むんじゃないか、とも。

 

 

ところが不意に訪れた乳離れ。

娘なりに保育園入所前日ということを察知していたのかもしれません。

 

たくさんたくさん涙を流しながらも決しておっぱいを飲むことなく体にしがみついて眠りました。

 

 

こうやって娘は大人になっていくのでしょう。

誇らしいとともにやはり寂しいです。

 

 

子供の力を信じる〜あっという間にいろんなことができるように

生まれた時はあんなにか細く首も座っていない。

「わたしが守らねば」と必死になっていた頃を思い出しました。

 

 

それから1年4ヶ月。

ついこの間までそれはできないでしょ、と油断していたことができるようになっている。

 

 

わたしの言葉を真似したり、ご飯よと声をかけると自作の料理をテーブルに並べたり。

 


誰もそんなこと教えていないのに。

 

 

毎日娘の成長を近くで見ていたはずなのに気づかなかった。

たくさんたくさん大きくなったんだね、と。

 

 

わたしの手元からは少し離れて、子供の力を信じて側で見守るという方向にシフトする時がきたようです。

これから保育園に入ってもっともっといろんな刺激を受けて成長していくのでしょう。

 

 

これはきっと喜ばしいことです。

 

 

保育園入所と母親の社会復帰〜どちらも未知で緊張する

保育園入所は子供の親離れの第一歩。

それとともに母親の社会復帰があります。

 

わたしも育休明けは正社員として働いている会社に戻ります。

 

 

子供が生まれてから生活がガラッと変わりました。

産休を含めたらもう1年半も会社に行っていません。浦島太郎状態です。

 

 

娘を保育園に預けるというだけで未知でドキドキしますが(一時預かり利用時に経験済み)

それとセットで自分の社会復帰が待っていると思うとドキドキどころじゃ済みません。

 

心臓ばくばくです。

 

 

今まで仕事に行く前は自分の準備だけしてサッと出られればよかった。

ですが今後はそうはいかない。

 

 

お母さんになってから働くのが初めてなのです。単なる復職とはワケが違います。

 

 

それがわかっているから

ダメで当たり前、うまく行ったら上等な気持ちでゆったりといきましょう。

 

決して無理はしない。決めた。

 

 

娘へ〜自分の時間が欲しい。それがあなたのお母さんです

最後に娘へ

もう少し大きくなった時「お母さんはわたしを置いて働きに行くの?」と聞かれた時に読んで欲しい。

 

 

娘よ、1年4ヶ月の間お母さんにたくさんの笑顔と試練をありがとう。

試行錯誤の毎日はとても辛く、あなたを不安にさせてしまったこともあるでしょう。

 

 

それでもお母さん不器用だけどすんごく寝不足だったけど、あなたの笑顔が見たくてそれだけでたくさんのことを乗り越えられたよ。

 

 

初めて育児をして改めて思ったことは「お母さんやっぱり自分の時間も欲しい」ということ。外の空気を吸って働きたいということ。

勝手だと思いますか?

だったらごめんね、だけどこれがあなたのお母さんです。

 

 

 

でも優先順位はやっぱりあなたが一番。

仕事をしてお金を稼いであなたにおいしいものを食べさせたい。世界の多くの綺麗なものを見せてあげたい。

 

 

長いトンネルを抜け、

明日からお母さんはあなたと一緒に新しい大きな一歩を踏み出します。

 

 

辛い時は一緒に泣こう

楽しい時は一緒に笑おう

 

 

あなたの力と自分の力を信じています。

お母さんはあなたが大好きです。

 

 

 

 

アマゾンの新しいサービス
【忙しいあなたにおすすめ】本は、聴こう
👉最初の1冊が無料で聴ける!30日間無料体験【無料期間内解約OK】
 

コメント